忍者ブログ
独自の視点ねた
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いい日だった

4年前の今日は、私が初めて“絶対”ってもんと会った日。

23歳くらいの私は、笑顔は作れることを覚え、

言葉は結構ウソが多いことを知り、

目は開いてるフリしているだけだった。

「もし、“新しいもの”を見たいなら、否定しないこと」

と漠然と思っていたので、

全てを受け入れようとアグレッシブに頑張っていたと思う。

おかげでケもハレも区別できなくなるくらい、

刺激的な日々を過ごし、周りは目まぐるしく流れて行った。

そしてほとんど否定しなくなり、肯定することに慣れてしまったら、

どんどん“自分”がなくなっていった気がした。

いや、“自分”なんてもともとなかったんだな〜と、

だんだん気付いてきてしまった。

私が信じてきたものほとんどが、ものの見事に覆され、

(覆されることが新発見!新感覚!!ってなり楽しかったわけだけど)

んで結局は何?なんなわけ?状態になっていた。

ただ分かったのは「“絶対”なんてないな〜」ってくらいだった。

そんな思いが脳裏に住み着き始めると、序所に心は白けてきた。

おまけに頭に100円玉くらいのハゲまでできた。

まさに祭りの後。

んがしかし、その2年後またしてもそれは覆された!!

ついに出会ったんだよ、“絶対”に!

その瞬間、ずっとフラついてた心がやっと着地した気がしたの。

“絶対”があることに、とっても救われた。

笑顔は(無理に)作らない、

言葉はいつも素直に、

目を開きちゃんと見ること。

そんなフツーなことを思い出させてくれた人。

PR
最近の自分

最近、私を含め、周りのトークを聞いてて思ったんだけど、

オトナになればなるほど恋愛ってムズイものだと気付いた。

ジャズで「恋とは何でしょう」って曲がある。

なんてピッタリな歌詞なんだよ、コノヤロッ!

いちいちムカつくなー!

そうそう、がジャズを習い始めたのをきっかけに、

私も一緒に教えてもらおうかと思ってるの。

に電子ピアノ購入したから家にあるし!!

まずはこの曲を覚えようかな〜と。

でも弾きながら泣きそうだな…

会社の部署

会社の部署内でBGM担当をさせられてる私。

しかしながら大好きなレゲエかけると眠くなるだのなんだのと、

んまぁ〜、ウルセーウルセーww 

んじゃ、何もかける気しないってことで放棄したら、

無音は寂しいだのなんだのと、これまたウルヘーという始末。

なのでiTuneのネットかけるという心ぶり。

当たりも触りもないボーカルもんでいいっしょ、と半ばヤケくそでセレクト。

んが、しかし!いいね〜、やっぱがあるっていいよ。

流れてきたのはビリー・ホリデー女王の「 or Come 」。

なんだよ!泣かせるつもりか!?こんにゃろめ!!

孤独な日

「孤独の癒しを求めてはいけません。癒されるわけがないのです」

と書かれてて、ハっとしたの。

私、最近、辛いことや悲しいことをあったんだけどさ、

それを無理に乗り越えようと頑張ってみてたわけ。

でもさ、そんなの頑張ってできるないじゃん。

頑張れば頑張るほど苦しくなったりするもんでさ。

てか、頑張るって何よ?そもそもさ、どーやるわけ??みたいなね。

なので、この「乗り越えられないウジウジしてる自分」

ってのと共に…生きるって大げさだけど、

一緒に過ごすというのもアリかな、と。

そんな風に思ったら、ちょっとだけ楽になったのね。

人の悩みベスト3にランクインしてる仕事//人間関係

っつートリプルから、それぞれ一気に攻撃を受けてる今、

を聞くしかなす術はないのさ…

よーし、ウジるぜ!心ゆくまでウジってやる!!

無理に上げないで、どっぷり暗〜くいってみよう!

でも先日のミドル級(ライト級でもヘビー級でもない)火事で、

ミキサーが完全ブッコぶっ壊れ、のレコードが聞けない…

落ち込んでる時に必ず求めてしまう曲っつーのがあるわけでね。

それがレコードでしか持ってないっつー悲しいわけでね。

あるのに配信で購入するのもな〜っつーみ迷いもあるわけでね。

でもでもで探すとあるっつーオチなわけでね。

ネットまんせー!チョナンカンまんせー!!

自分のるーる

むか〜しむかし、私はポップスが嫌いだった。

なんつーかヌルイっつーか、ユルイっつーか、

がズルズルな感じがしてイヤだったの。

でもね、ちょっと気がフれてる姉が「Alfie」聞きたいっ、

探して聞いてたわけよ。

泣けたね。

なんていい歌なんだよッ!こんにゃろめ!!

黄金のルール…

あるんだろうね、きっと。

でも、みんなそれがいいと思ってるのかな。

私は違うわ!って思ってても、それはカテゴライズされている。

それに気付かぬうちに従っちゃってる。

心の思うまま、なんて、簡単なことすらできなくしちゃってる。

知らぬうちにその黄金のルールがになってるから。

それにしても、優しい歌だな〜。

なんて温かい曲なんだろ。

先週の日曜

先週の日曜am6:30くらいですよ、ええ。

非通知で着信ありましてね。

何故かその時は枕元にケータイがあったんで、

出てしまったわけです。

そりゃ〜、もちろん、お察しの通りイタ電ですわな。

無言&無言&無言……MUGON。

んじゃ、切ればいいじゃん!って思うでしょうがね、

時折、ブツブツ蚊の鳴くような声で何か言ってるんですよ。

それが、寝起きドッキリ状態なのに、気になってしまってね。

そしてボソボソブツブツの中で、「◯◯◯さん?」

と私の名前ドンピシャで言ったわけです。

もちろん、「!!!!!!!!!!!!!!」ってなりますわな。

このボソボソコンボイは、私の知人なのか?と。

しかも続きがね、これまたイタい「いつも見てるよ」ときたもんだ。

TOO SHY SHY BOY通り越してこれはもうHENTAIのレヴェル。

皆様のご期待に応えて、そりゃ切りましたよ。

そしたら、すぐ掛け直すという丁寧な方でね、

また「いつも見てるよ」とおっしゃってくれたわけです。

そーいや非通知の着信拒否してなかった!ってことで設定して、

今に至るわけです。

その話を家族や友人にしたらね、

ヤヴァいやいやい!ただのイタ電なら笑えるけど、知人系は怖い!!

という真の恐怖にやっと気付かされてね。

そーいや怖いな〜、とガクガクブルブルし始めたわけです。

「思い当たる人物とかいる?」

「いや〜、そんな暗いヤツは知り合いに……い…る…かも???!!!!」

確証もないのにね、「アイツなら、やりかねないかも!?」って

超勝手に、超一方的に、超失礼に疑える人物がいる。

そんな人間関係の築き方って、どーなのよ、ええ??

イタ電どーこーよりもね、むしろそっちに悲しくなったわけよ。

そんな自分と人生と世の中に…。

一瞬、金八っつぁんの「人として」が流れてきたけど、

でも、そんな早朝バズーカ的オナニスタなんてFADE だよ!!

七夕の日に

この前ね、の保育園の七夕会用に短冊作ったんすよ。

「ここにお願いごと書くんだよ」って短冊の紙をあげたら、

色鉛筆で何やら幾何学的な文字を書き上げた。

「なんて書いたの?」

「こ、に、い、た・・・」

最近書けるようになった文字並べただけっぽい。

んじゃ、もう1枚ね。

「ここにお願いごと書くんだよ!何して欲しいとか、どーなりたいとか、

あるでしょ?何か願いがさ!!それをここに書いてね、いい??」

「うん」と言って、また書き始めた。

色鉛筆を置いたので、終わったんだろーと見てみると、

グチャグチャな線がいっぱい。

「なんて書いたの?」

「あっ、ママ〜、ここにさ〜、"工事中です"って書いてー」

「・・・。工事中?これは工事のこと書いてあるの?」

「そう!」

ええ、そりゃ〜もう、"工事中です"とめいっぱい書かせていただきましたよ。

翌朝、保育園に行き、それを一緒に飾った。

てっきり「が欲しい」だの「○○になりたい」だの、

そーいう系が来ると思ってたけど、そーいや願う必要ないのかもね。

だっての歌じゃないけどさ、

願う前に叶えられてるくらいの何でもできちゃう年ごろなんだもん。

ただ、高いところに置かれたを取るのが難しい。

できないのはそれだけで、他は大人なんかよりよくできる。

思いのままなんだな、きっと!!

インド人の人が

仕事で泣きました。

家帰ってからだけど、ポロポロっと乙女ちっくにね。

ちょっと前なんだけど、半年以上携わってるプロジェクトが、

インド人の悪い意味で見事なにより崩壊された。

最近、新たなプログラマーを見つけ(もちジャップ)再スタート。

しかし、なんとも言えない失恋に似た疲弊感と空虚感…

そんな中で進む仕事に、ぼでぇー&そぉ〜るなんか入るわきゃない。

それを見ていた直属の上司に今日、ハッパかけられてケンカ。

すんまへんメールしたら、なんともステキなメールが来てね、

お涙頂戴ってなったわけ。

するのって頭で思っている以上にムズいもん。

自分では切り替えられてるつもりだったのに。

思い入れが大きければ大きいほど、浄化に時間かかるんだな。

んで思い出したのはライザ・ミネリの「」!!

ラスト、男と別れたその足で、勤めるキャバレーのに向う。

涙を拭いて声高らかに歌う「人生はキャバレー!」という歌。

悲しくて強い女の姿だわさ…byジョディー@YAWARA

も言ってたらしいよ、人生は劇場だって。

私のウジウジシーズンは、そろそろ終了しなきゃなのね。

だってステージの準備はできてるんだもの!

それならば、そこに立つしかないんだな。

音楽好き

レコードも未だに購入するし、

記録媒体がPCに変化したってだけで、

カタチはなんでもいいかも。

ジャケ眺められないのは、ちょっとイタいけどさ。

だってさ、琵琶法師を思い出してごらんよ!

記録媒体は「脳」なんだよ!?

しかも人に伝えるといことで、次世代にまで残せる。

超アナログで超。

記憶っつーのはすぐ取り出せて、すぐ終えて、

消去したつもりでも、意外としてある。

(それがウザかったりするけどww)

思い出したくても思い出せないこともあるけど、

そんなのは思い出さなくてもいいことなんだよ。

レコードももCDもMDも、壊れたり、

劣化したり、無くしたりさ、消えていくじゃん。

そりゃー、人は「忘れ」ちゃう生き物だから、

脳なんかとびっきり怪しいんだけど。

ましてや伝言は途中で内容が湾曲することがあるからね。

そこら辺はご愛嬌ってことで。

でも忘れたくないことは、きっと忘れないはず!

ってなによ?って思うと

そーいったモノに頼ってるうちは財産は財産でも、

物的財産なんじゃないんかな、と。

ニンゲン、最終形はこの身ひとつだよ!?

そー思うと、やっぱに琵琶法師の勝ちだよ。

だから記録媒体なんてどーでもいいのさ。

だって最強の記録媒体は人の中にあるんだから!

今日のできごと

ええ、はい、駅の線路沿いに自転車を置いておいたら無くなってました。

そうですね、たぶん政府ッ子の仕業だと思われます。

でもまーいいよ、それは。どーでもいい。

それよりも、最近、ムキになっていろいろ本を読んでたわけ。

現実なんて見てたまるかッッ!とばかりにね。

んで、中島らもの「バンド・オブ・ザ・ナイト」読んだらね、

酒好きなのに、がそんなに飲めなくなっちまったんだよね…

中島らもを読むと毎回そーなる。

今はいいや、って気分になる。

ノイズとかに近いのかな〜。

脳がグルグルしてて、飲まなくても酔っちゃってる。

しかもちょっと吐きたくなる感じ。

だから政府ッ子のいたずらにまで、頭が回らない。

いや、それどころか私が抱えてる沢山の問題すらにも…。

ま、結局どれもこれも、かわいいもんよ。

たいしたこたぁ〜ない。

ケケケってなもんさ。